荷役運搬業安全常識

2019-07-21 23:06:32 szbonrig

積み下ろし運搬作業は、傷、打撲傷、捻挫などの傷害が発生しやすいです。粉状の貨物を運搬するには、防塵肺病に注意しなければなりません。可燃性爆発、化学危険品を運搬するには、火災、爆発事故の予防にも注意しなければなりません。作業中は注意してください。

1、一人で運ぶ時は、足の曲、腰の前傾に注意して、足の力をたくさん発揮します。二人で運ぶ時は肩と肩を一緒に持ち上げます。複数の人が運ぶ時は、専用の人が番号を呼んで、同時に離着陸して、運び込みの中で歩調が一致します。

2、手押し車で荷物を運んで、安定に注意して、重心を掌握して、猛スピードで走ったり撒いたりしてはいけません。前後の車間距離は平地では2 m以下であり、下り坂では10 m以下である。

3、車で荷物を運んで、引っ越しの車がしっかり止まってから行うことができます。坂道の地面に車を止めて、車輪を埋めます。

4、集塵ゴミは水で湿らせ、白灰、セメントなどの粉材を積み込み、マスクを着用する。

5、化学危険物(例えば爆薬、酸素ボンベ、アセチレンのガスボンベなど)と有毒物を運ぶ時、安全に底を接する要求に従って作業を行い、熟練労働者によって行われる。作業中は軽く持ち上げ、互いに衝突しないようにし、激しい振動を防止します。規定に従って作業服を着て、マスクと手袋をします。


蘇州博鋭格工程技術有限公司©版权所有2019-2020   苏ICP备11067048号-1